Sun Clover Gallery   札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.40

高橋喜代史・作「POSTER 」

Landscape Will 2019

2018/映像/13:54

 幼少のころ漫画家を志ながら、書道教室で書をたしなんでいました。21歳のとき現代美術と出会ってから、子供の頃に培った漫画と書道を現代美術に結びつけて、文字や言葉の作品を制作しています。関心/無関心をテーマにした映像作品「HELPシリーズ」は、遠くの世界で起きている問題や自分とは関係ないように感じる問題を、自分事として考えるにはどうすれば良いのか?という自身への問いから生まれています。

 2017年、日本に難民申請をした外国人1万9,628人のうち、難民認定された申請者は20人と、約0.1%に留まります。今作「POSTER」は、そのような日本の現状を下敷きに、英語、日本語、アラビア語、3つの言語で「助けて!」と書かれたポスターを街なかに掲示する行為を撮影しました。大きなポスターを貼ることに助けを求める行為と、日本に助けを求めて難民申請をする人々の状況を重ねること。世界と札幌を結びつける試みとして、同じ言葉で異なる背景を透かしてみたいと考えせいさくしました。(高橋喜代史)

高橋 喜代史(たかはし きよし) 美術家/一般社団法人PROJECTA ディレクター
1974年妹背牛生まれ。言葉や文字をモチーフに異なる文化や境界を結びつける作品を制作。近年は、無関心についての映像インスタレーションや、エネルギーにまつわる作品を発表。主な展覧会として、フランス、ニュージーランド、北アイルランドでの個展。カナダ、ドイツ、中国でのグループ展など札幌を拠点に国内外で活動。2020年第3回本郷新記念札幌彫刻賞。2010年JRタワーアートボックス最優秀賞。2006年「第23回産経国際書展」入選。2000年ビッグコミックスピリッツ努力賞。1995年ヤングマガジン奨励賞。
ザブーン 2012年より500m美術館の企画、札幌駅前通地下歩行空間でのPublic Art Reserch Center[PARC]の企画やThinkSchoolの企画運営など現代美術の企画も行う。2015年一般社団法人PROJECTA 設立。2017年よりなえぼのアートスタジオ運営メンバー。
2021年2月より本郷新記念札幌彫刻賞受賞作「ザブーン」が大通交流拠点地下広場に3年間展示。また2021年9月から本郷新記念札幌彫刻美術館にて個展を開催。

>> Sun Clover Gallery 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ