小野寺燃料

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.36
~Sun Clover Gallery~

今村 育子・作「むこうの部屋」

むこうの部屋

「むこうの部屋」

インスタレーション
サイズ:W1000 × H300 × D500cm
素材:木材、壁紙、電球ほか
制作年:2018 年 

  「むこうの部屋」は、娘が産まれ夜泣きや授乳で暗い寝室の中にいる時に見た、今まで自分がいた明るい部屋から壁を這うようにつたってくる光のグラデーションから着想している。

 世界はどこに存在しているのだろう。文化、宗教、性別、年齢など、わたしたちは多くの違いを抱え、本質的にお互いを理解することは難しい。その立場になってはじめて気付くこともあるが、そもそも同じ立場になることは簡単ではない。外側から直接内側を見ることができないのであれば、隙間や覆われたものから洩れ出る微弱な光のようなもの、ものごとの間に生まれるグラデーションから、いかに向こう側を想像していくのか。外界の観察と自身への問いかけの往復が、この世界を捉える一つの手がかりとなると考え制作している。(今村 育子)

今村 育子(いまむら いくこ) Imamura Ikuko
1978年北海道札幌市生まれ。2006年から日常の中にある些細な光景などをモチーフにインスタレーション作品を制作する。訪れる者は一筋のほのかな明かり、かすかな音、影や気配など仕掛けられた要素によって五感が揺り起こされ、遠い記憶や自己を呼び起こされる。主な展覧会に、2019年「第7回札幌500m美術館賞入選展」500m美術館(札幌)、2018年「むこうの部屋」CAI02(札幌)、2017年「家族の肖像」本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌)、2016年「ともにいること ともにあること」北海道立近代美術館(札幌)、「ひかりの連鎖」モエレ沼公園(札幌)、2014年「JRアートボックス優秀賞受賞展」JRタワーコンコース(札幌)、「札幌国際芸術祭2014」500m美術館(札幌)、2013年「奔別アートプロジェクト」旧住友奔別炭鉱(三笠)、2011年「Living Art」札幌芸術の森美術館(札幌)、2009年「雪国の華」上海莫干山路50号(上海)、2006年「Exposicion de Ikuko Imamura」ギャラリー・ネブロッサ(メキシコ)など。
https://www.imamuraikuko.com/

>> Sun Clover Gallery 過去の記事一覧へ

>> Sun Clover トップページへ