世界の住まい事情   札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.40

世界各国のちょっとした住宅事情をご紹介しています。

ブルネイ編

ブルネイ編

 水上集落というと、スラム街をイメージしがちですが、「東洋のベニス」とも謳われるブルネイのカンポン・アイールはちょっと違います。政府はインフラを整備し、学校や病院も水上に建てられています。それは世界のどこにでもある町です。ただ地面ではなく水の上に建っているだけ!

 道路はありませんが、橋なら至る所にあります(当地ではそれを道路と呼ぶかもしれません)。タクシーもボートです。ふつうの家ですから、電気水道も完備。インターネットも。観光客用にロッジもあるようですが、泳げない人はちょっと心配ですね。

>> 世界の住まい事情 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ