世界の住まい事情   札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.39

世界各国のちょっとした住宅事情をご紹介しています。

フランス編

ベトナム編

 日本でのマンションのことをフランスではアパルトマンといいます。このアパルトマン、1日単位や週単位で貸出されているところも多いので、パリに旅行するときは検討してみるのもおすすめです。

 フランスにはビアジェという独特の売買システムがあります。持ち家の所有権を譲るけれど、生きている限りその家に住み続けられるうえ、その間、買い主からお金がもらえるのです。高齢者が売り主であることがほとんどですが、生きることに張り合いが出てくるのか、平均より長生きする売り主が多いそうです。

>> 世界の住まい事情 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ