健康さっぽろ21(第二次)【29】
札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.42

8月は野菜摂取強化月間、野菜をもっと食べましょう!

 成人の1人1日あたりの野菜摂取目標量は350g以上。これに対し、札幌市民(成人)が1日に食べている野菜の量は平均288gです(平成28年札幌市健康・栄養調査)。札幌市では、8月を野菜摂取強化月間、さらに「毎月1日は、野菜の日」と定めました。健康維持増進のため、野菜をもっと食べましょう。

ご存じですか? 野菜の日、栄養の日、食育の日

毎月1日は野菜の日

毎月1日は野菜の日  札幌市では、市民の野菜摂取量の増加を図ることを目的に、8月を野菜摂取強化月間、毎月1日を「野菜の日」と定めました。

毎月4日は栄養の日

毎月4日は栄養の日  (公社)日本栄養士会が8月4日を「栄養の日」、8月1日から7日を「栄養週間」として定め、「栄養を楽しむ」生活を応援する日として、2017年から始まりました。札幌市は、毎月4日を「栄養の日」と定め、食生活を振り返る日とします。

毎月19日は食育の日

毎月19日は食育の日  平成18年、国の「食育推進基本計画」により毎年6月は食育月間、毎月19日は「食育の日」と定められています。

野菜は健康維持のために大切な栄養素が豊富!

 野菜には、食物繊維、ビタミン、ミネラル類などが豊富に含まれています。野菜を摂取することで、循環器疾患や糖尿病、消化器系のがんの予防に効果があることが報告されています。さらに、野菜を多く摂ることで、便秘解消、コレステロールの吸収の阻害、血糖値の上昇がおだやかになることが期待できます。
 この機会にぜひ、自分や家族の食生活を見直してみましょう。

野菜の摂り方チェック

お問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課
〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階
電話番号:011-622-5151
FAX:011-622-7221

食育に関する情報は札幌市公式ホームページ「食育情報」をご覧ください。 https://www.city.sapporo.jp/hokenjo/syokuiku/

小野寺燃料グループは「健康さっぽろ21(第二次)」を応援します。

>> 健康さっぽろ21 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ