サンクローバー vol.43|ご挨拶|小野寺燃料株式会社

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover vol.43」

ご挨拶

 この秋のご挨拶でも、新型コロナウイルス感染症について触れなければなりません。ワクチン接種も進んでいますが、接種後の感染もあるようです。冬に向けて、第6波に対する厳重な警戒も求められます。引き続き、手洗い、マスク、3密回避の基本事項の励行を心がけましょう。

 コロナ禍にあって、感染防止対策と経済活動のどちらを優先するか、どう両立させるかが議論となりました。大変難しい問題で、議論はいまも続いています。

 そして、私たちの住まいやエネルギー利用の面では、これから冬に向けて、寒さ対策と換気の両立が、健康と安全の面から何よりも必要です。暖房効率の良い建物は、その分、機密性が高くなっています。それが感染を起こしやすい状況を作ってしまうこともあります。私たち燃料事業者は、これまでも、屋内で燃焼機器を利用する際は、一酸化炭素中毒防止の観点から暖房中の室内換気の必要を周知していましたが、この冬は、コロナ対策からも定期的な換気が必要です。

 せっかく暖まったところで窓開けなんてと思うかもしれませんが、こまめな換気で空気は確実に入れ替わり、ウイルスは外に出ていきます。どうぞ皆様、換気の励行をお願いいたします。

小野寺燃料株式会社
代表取締役 小野寺 昌顕

 ご挨拶 過去の記事一覧へ
 最新号トップページへ