ご挨拶   札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.41

 北海道も桜のシーズンとなりました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、まだまだ緊張感の持続が求められ、例年通りのお花見にはなりそうもありません。

 不要不急の外出は避けるべきですが、巣ごもりばかりではストレスがたまりますし、健康にも良くありません。せっかく季節が良くなったのですから、十分な感染対策をした上で、密を避けた近隣への散歩・ウォーキングなども少ししてみたいとも思います。

 散歩とウォーキングの違いは、前者は気晴らしなどのためにとりとめもなく、ぶらぶら歩くことを言い、後者は明確に健康増進を目的にしたものだそうです。ウォーキングは歩くことそれ自体が目的ですから、連続で20~30分は休みなしで進むことが良いとされています。でも、散歩は、何かを見つけたら立ち止まり、疲れたら休むなど、自由気ままにできます。

 親しい人とおしゃべりをしながら歩くのも楽しいものですが、いまはまだ、マスク着用とソーシャルディスタンスが必要です。不便、不自由な日がまだ続きますが、そのような中でも、少しでも気晴らしになる楽しいことを見つけたいものです。

小野寺燃料株式会社
代表取締役 小野寺 昌顕

>> ご挨拶 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ