ご挨拶   札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.37

 2月以降、新型コロナウィルス感染に関する報道が連日、流れています。前号では、自然災害に対する備えについて触れましたが、正直、今回の事態は想定外でした。今回特集した桜の時期までには、事態が鎮静化してほしいと願うばかりです。

 2009年の新型インフルエンザ発生に際し、多くの企業で、パンデミックに備えた体制作りが叫ばれ、その対応が検討されました。しかしその後、東日本大震災の発生により、緊急時の対策が地震を想定したものになり、感染症対策は後回しの感があったようです。当社においても、この点は反省すべきと考えています。

 本号の締切である3月10日時点では、今回の問題はいつ解決をみるのかの見通しが立てづらい状況で、社会のさまざまな分野で影響が生じています。当社や関係先でも、業務面での制約により通常のサービスが滞らざるを得ない面もありますが、関係先と協力し、ライフライン事業者として燃料の安全安定供給を第一に業務を遂行してまいります。

 お客様におかれましても、ご自身の感染防止と感染拡大防止に努められ、くれぐれもご自愛ください。

小野寺燃料株式会社
代表取締役 小野寺 昌顕

>> ご挨拶 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ