小野寺燃料

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.31

~ご 挨 拶~

 少し涼しくなってきました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 今年の夏は全国で記録的な猛暑となりました。札幌もまた暑い日が続きました。
 また、6月以降、大阪北部地震や西日本豪雨、そして相次ぐ大型台風による風水害が全国各地で発生しました。被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げますとともに、被災地の1日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。
 札幌でも37年前の1981年8月に、豪雨により石狩川が氾濫し、洪水被害をもたらしました。1カ月の間に2度の氾濫があり、被害を大きくしました。鉄道、国道が不通となるなど交通網が寸断され、私たち燃料供給業も大きな影響を受けました。
 これから冬に向かい、私たちが常に注意しているのは雪害による供給への影響です。大雪でガスや灯油の配送が大変になるのは毎年のことですが、過去の豪雪では、苫小牧などの港にガスや石油が届かず、あるいは基地から札幌に配送できないということもありました。
 当社ではライフライン事業者として、常に不測の事態に備えていますが、お客様におかれましても、灯油の軒先在庫の増量などにご理解とご協力をお願いいたします。

小野寺燃料株式会社
代表取締役 小野寺 昌顕

>> 過去のご挨拶一覧へ

>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ