サンクローバー vol.20|ご挨拶|小野寺燃料株式会社

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover vol.20」

ご挨拶

 いつも大変お世話になります。
 灯油のシーズンになりました。今年の冬の寒さ、そして雪はどうなるのか、今から心配です。
 雪の問題は札幌に住むすべての人の悩みごととも言えます。札幌市の道路除雪や雪対策の予算は毎年140~150億円でしたが、昨年度(平成26年度)は181億円にもなっています。
 雪は私たち燃料事業者にとっても頭の痛い問題です。雪に埋もれたLPガス容器(ボンベ)の交換や、灯油タンクへの給油作業は、本州の何倍もの労力と時間がかかります。とくに細い道や急な坂の多い地区では、積雪や路面凍結によりガス配送車や灯油ローリーの走行が困難になることもあります。
 当社では冬の配送が難しい地域や住宅には、LPガス容器の複数設置や灯油タンクの大型化を進めています。また、当社が建設するサンクローバーハウスでは、一般家庭に設置する50㎏LPガス容器の10倍のガス備蓄が可能な「LPガスバルク貯槽」を設置するなど、雪によるエネルギー途絶という事態が生じないように努めています。
 ガス供給設備は通常販売事業者の負担ですが、灯油タンクは住宅所有者負担も多いため、お客様のご協力なしには灯油の安定供給もままなりません。皆様のご理解を切にお願いする次第です。

小野寺燃料株式会社
代表取締役 小野寺 昌顕

 ご挨拶 過去の記事一覧へ
 最新号トップページへ