駅から散歩   札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.42

地下鉄東豊線 東区役所前駅・北13条東駅

かつて東区は「札幌村」

1955年(昭和30年)まで、北海道には札幌市とその東側の札幌村とがありました。合併した旧・札幌村のエリアが現在の東区です。農業、工業、商業ともに特色を持った東区の区役所の最寄り駅が、東区役所前駅です。

開拓居住の地
東豊線は東区と豊平区を結ぶ線ですが、東区と札幌都心を結ぶ目的で建設運動が始まりました。札幌都心から乗車すると、すすきの方面から地下鉄南北線と並行して走っていた東豊線が、東にぐぐっと曲がって創成川を渡り、北13条東駅に着きます。この「北」と「東」、方角が2つ入った駅の次が東区役所前駅。この駅を出た地下鉄は、今度は北にぐぐっと曲がります。

このエリアは学校が多く、朝夕は学生が多く行き交います。近所どうしの札幌大谷中学校・高等学校は仏教系、札幌光星中学校・高等学校はカトリック系で、ともに古い歴史があります。光星の創設者ヴェンセスラウス・キノルド司教は、先に女学校を創設しています。それが、北13条東駅近くの藤女子大学です。

また、看護栄養学部のある天使大学もカトリック系で、日本で唯一の助産師養成のための専門職大学院「助産研究科」があります。住宅街と商業施設のこのあたり、札幌村の面影はありませんね。

 クリックで拡大

地下鉄東豊線 東区役所前駅・北13条東駅地図

 クリックで拡大

駅から散歩コース

(散歩コース取材・イラスト/青い海)

この地区をご紹介する北西です

この地区をご紹介する北西です  区役所が近いこともあり、東区の中でも栄えている地域です。高校や天使大学があるのでカフェやベーカリーなど、女性や学生に好まれる店舗もたくさんあります。駅近くには緑地もあり、ゆったりと歩きながら緑を眺めてリフレッシュするにもおすすめです。天気の良い日に散歩やカフェ巡りなど散策してみてはいかがでしょうか。

>> 駅から散歩 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ