駅から散歩   札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.40

地下鉄南北線 北24条駅・北34条駅

初代・札幌飛行場はここ

いまやすすきのに次ぐ札幌市内第二の繁華街・北24条。実はこの地には、昭和初期から終戦まで飛行場がありました。丘珠空港より古い「初代・札幌飛行場」。宮の森・北24条通りに面し、飛行場正門門柱とプロペラにパイロットの顔をあしらった「風雪」碑があります。

札幌飛行場正門跡に残る門柱

札幌飛行場正門跡に残る門柱

敗戦により、飛行場の設備は進駐軍によって残った飛行機もろとも火炎放射器で焼かれたそうです。その後しばらく農地でしたが、 1948年に外地からの引揚者向けの住宅が建てられ町が形成されました。52年に市電が開通すると都市化が進み、71年に地下鉄南北線の開通で「北のすすきの」と呼ばれる繁華街となりました。

 北24条駅は南北線開通時の終点。78年に麻生駅まで伸延した際に北34条駅が開業しました。北24条駅の所在住所は北23条。北22条から北26条、西2丁目から西5丁目あたりまでが飲食店などの多い繁華街。かつては映画館もありました。北区役所、北消防署、北警察署など官公署が集中するエリアでもあります。

 北34条駅の北側は札幌新道国道5号と高架の札樽自動車道が走っています。ここを越えると札幌市内でも「郊外」と呼ばれます。

 クリックで拡大

北24条駅・北34条駅周辺地図

 クリックで拡大

駅から散歩コース

(散歩コース取材・イラスト/青い海)

この地区をご紹介する石村です

この地区をご紹介する石村です  北24条駅付近は商店街や居酒屋が多く、昼夜問わず賑わいのあるエリアです。スーパーやドラッグストアもあるので食料品や日用品も揃うだけでなく、バスターミナルがあるので利便性に優れています。

 昼は買い物やスイーツ巡り、夜は居酒屋で楽しむのもおすすめです。ぜひお気に入りのお店を探してみてはいかがでしょうか。

>> 駅から散歩 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ