駅から散歩   札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.37

市営地下鉄東西線 バスセンター前駅

地下鉄直結のバスターミナル

黒い煙突はサッポロファクトリーのランドマーク

黒い煙突はサッポロファクトリーのランドマーク

 市内には地下鉄直結のバスターミナルがたくさんあります。このバスセンター前駅は、大通バスセンターが開業した翌年の1976年6月、地下鉄東西線の開業と同時に開設されました。西の出口はバスセンターの中にあり、地下道は隣の大通駅までつながっています。

 大通バスセンターは開業当時、都市間バスや市内路線バスなどで1日約1300便も発着していました。しかし、札幌駅バスターミナル(1978年開設)の開業による路線の棲み分け、地下鉄東豊線の開通などにより、現在は、稚内や根室を結ぶ都市間バスと市内路線バスで約250~260便となっています。発着数が少ないので、ターミナル内部は少し寂しい気がします。大通バスセンターは地下にも停留所があります。地下へのバスの入口は建物から少し離れた、バスセンター前駅4番出口・5番出口の間の道路の真ん中にあります。

 札幌中心部のバスターミナルには、このバスセンターと北電ビルをはさんで反対側の北海道中央バス札幌ターミナル(1966年開設)もあります。都心部のターミナルを集約するという話はこれまで何度も出ましたが、大通と中央バスセンターの老朽化と札幌駅前再開発により、いよいよ統合が現実味を帯びてきました。

 クリックで拡大

バスセンター前駅周辺地図

 クリックで拡大

駅から散歩コース

(散歩コース取材・イラスト/青い海)

この地区をご紹介する長谷です この地区をご紹介する長谷です

 毎年夏のイベントシーズンになるとよく利用される幌平橋駅ですが、私のおすすめは、毎年7月下旬頃に豊平川で行われる道新・UHB花火大会です。今年65回目の開催になりますが、約4000発が打ち上げられ、河川敷や橋が人で賑わいます。アクセスもよく、無料で楽しめるのでぜひ足を運んでみてください。

>> 駅から散歩 過去の記事一覧へ
>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ