小野寺燃料

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.36
駅から散歩

市営地下鉄南北線 幌平橋駅

ガメラ襲来の橋 
 幌平橋駅は札幌市中央区南15条西4丁目にある地下鉄南北線の駅。1971年(昭和46年)12月の、南北線・北24条駅〜真駒内駅間開業に伴い設置されました。中島公園の南側の出入口となっています。
市営地下鉄南北線 幌平橋駅
 中島公園のいわば裏口にあたり、北側の中島公園駅に比べると利用客は少ないものの、付近に高校がいくつかあり、最寄駅であるため、ラッシュ時は通学生で混雑します。年間で最も混雑するのは、中島公園での北海道神宮例祭(札幌まつり)や豊平川河川敷での「花火大会」の時です。

 駅名となった幌平橋は付近にある豊平川に架かる橋。1927年(昭和2年)に河合才一郎という人が、私費により木橋を造りました。その全長は159メートル、幅は5メートルで、個人が架けた橋としては当時日本一と言われたそうです。名前は、札幌市と豊平町(現在の豊平区など)を結ぶことからの命名。その後、北海道が新たに木橋を架橋、戦後の1954年(昭和29年)6月に、全長150.7メートル、幅7.5メートルの7径間連続のゲルバー橋(トラス橋)として架け替えられました。現在の橋は1995年(平成7年)10月に完成したもので、翌年7月に公開された怪獣映画『ガメラ2 レギオン襲来』に登場しています。
(散歩コース取材・イラスト/青い海)

  クリックで拡大


  クリックで拡大


この地区をご紹介する藤田昌美です。
 毎年夏のイベントシーズンになるとよく利用される幌平橋駅ですが、私のおすすめは、毎年7月下旬頃に豊平川で行われる道新・UHB花火大会です。今年65回目の開催になりますが、約4000発が打ち上げられ、河川敷や橋が人で賑わいます。アクセスもよく、無料で楽しめるのでぜひ足を運んでみてください。