小野寺燃料

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.34
駅から散歩

地下鉄東豊線 新道東駅

道内民放第一声の町 
 札幌市の市街地の交通量増加に対応し、都心部を迂回するバイパスとして着工された「札幌新道」は、1971年(昭和46年)に宮の沢・北34条東1間で最初の開通をします。それから17年後、1988年(昭和63年)に、北34条東16丁目に建設されたのが、新道東駅です。

 南郷通は道路の名前であると同時に、この地域の町名でもあります。地名の由来は本通(白石本通)より南部を「南郷」とした説が有力。1丁目から21丁目まであり、南郷通の南側には南郷通4丁目南など「南」を付け、北側は丁目の後ろに「北」を付けます。
 市営地下鉄には駅名に条丁の数字が入った駅がいくつかありますが、南郷7丁目駅はその中で最も小さい数字。唯一ひと桁台の数字を使用している駅でもあります。
 周辺を散歩すると、1931年(昭和6年)に創業者・石上寿夫がロバに荷車を引かせてパンを売り歩いていたのを創業とするロバパンの工場前は香ばしい香り。そしてこの周辺は、人気のカレー店も多くあります。ボスコ(南郷通16丁目南)、ポレポレ(栄通17丁目)、らっきょ大サーカス(本通14丁目南)、マジックスパイス札幌本店(本郷通8丁目南)などなど。散歩してスープカレーを食べて、パンを買って……太っちゃいますかね。
(取材・イラスト/青い海)


 地下鉄新道東駅は東豊線の栄町駅・豊水すすきの駅間開業と同時に開設されました。北側が栄町エリア、南側が元町エリア。札幌新道に沿って西方面には郊外型の商業施設が並びます。2002年、HBCゴルフセンターの跡地にイオン札幌元町ショッピングセンターがオープン。その最寄り駅として乗降客も増えました。
 HBCゴルフセンターの以前、もともとはHBCのラジオ送信所でした。HBC北海道放送は1951年(昭和26年)に北海道新聞社内で創立され、翌年の開局時のスタジオはこの地にありました。だから、「北海道民放第一声の地」の記念碑があるのです。その第一声は「JOHR、JOHR、こちらは北海道放送でございます。ただいま周波数1230キロ・サイクルで試験電波を発射しております」。電波を発射したアンテナは、トドマツの丸太を12本つないだ80メートルの木柱アンテナだったそうです。
  クリックで拡大


  クリックで拡大


この地区をご紹介する 大石理恵です。
 スイーツ好きな方にオススメしたいのが「ケーキハウス アルディ」さんです。落ち着いた店内にはイートインスペースもあり、種類豊富なケーキやパフェをゆったりお召し上がりいただけます。平日限定のプチバイキングがおすすめです♪ ぜひお試しください。