サンクローバー vol.43|健康と平和|小野寺燃料株式会社

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover 健康と平和」

健康と平和~巷の健康法を調べてみる~
【第32回】 白い歯は命

 2度目のワクチン接種をしてなんだか一安心の気分だが、世間には接種をためらう人も多い。妻もその一人で「ちょっと様子を見たい」と言う。様子って、俺のことか。

 華岡青洲の妻は、夫の麻酔研究のために自ら実験台となった。その結果全盲となったが、青洲は世界初の全身麻酔手術を成功させる。

 青洲は今でいう外科医ということになるが、当時の医者の多くは、治せるかどうかは別として、病気や怪我、骨折の手当まで引き受けたという。しかし歯の治療は専門医が別にいた。もっとも彼らのお得意は大名や豪商といったお大尽だったと何かに書いてあった。

 既婚女性や遊女がやったお歯黒は、黒く塗る前に歯の汚れをキレイにする必要があったので、虫歯予防に大いに役立ったと、これも何かに書いてあった。時代考証にこだわった時代劇映画などでお歯黒の女性が出てくるが、どんな美人女優が演じても、ちっとも美しいとも色っぽいとも思わない。黒船に乗って日本にやってきたペリーは、日本人女性が笑うのをみてギョッとしたという。お歯黒は眉を剃るのとセットの化粧だから、眉のない女がいきなり黒い歯を見せてニッと笑ったら怖いわな。

 一方で、江戸っ子にとっては白い歯が粋とされ、彼らは楊枝や房楊枝などでせっせと歯磨きをしていたという。

 朝ドラで40代後半のテレビ局のキャリアウーマンを演じる女優は、かつて「芸能人は歯が命」というCMに出ていた。今から25年以上も前だから、若い諸君は知らないだろうな。あのフレーズは流行語になり、歯の白さが急に気になったのを覚えている。当時はチェーンスモーカーだったので、下の前歯の黒ずみがザクトライオンで磨いてもなかなか落ちず、やっぱり芸能人は無理だなと、30歳を過ぎているくせに真剣に思ったっけ。

 芸能人でなくても歯は命である。歯を白く保つことは、虫歯だけでなく歯周病予防ともなる。お大尽じゃないのだから、歯は自分で守るしかない。

虫歯と歯周病は別で同じ!?

 虫歯は進行すれば痛みを感じますが、歯周病は変色や出血が起きるほどになっても痛みは感じません。それで治療が遅れます。虫歯は虫歯菌が歯を溶かす病気、歯周病は歯の周りの歯茎や歯を支える骨が壊される病気で、歯自体には影響を与えません。菌の種類がまったく違い、治療法も異なります。虫歯治療の基本は削り取り、歯周病治療は歯石除去や歯茎ケアなどのクリーニング。
 症状も菌も治療法も異なりますが、予防法は一緒。毎日の丁寧なブラッシングです。

中川順一

諏訪書房代表、ライター。小野寺燃料非常勤取締役。1960年生まれのメタボ中年。

※このコラムは特定の健康法やダイエットを推奨あるいは否定するものではありません。

 健康と平和 過去の記事一覧へ
 最新号トップページへ