エントリー

そもそも「抗菌」「抗ウイルス」てどんなしくみのこと?

  • 2021/03/18 15:46

暮らしの中で「抗菌」「抗ウイルス」といわれる物を利用している人は多いと思うが、この「抗菌」・「抗ウイルス」とはどんな仕組みのものなのだろう?

 

 【細菌とウイルスの違い】

まず「細菌」と「ウイルス」は、いずれも目には見えないとても小さなものだが、同じものではない。

(出典:アイカ工業株式会社)

 20210318_00001.jpg 2021.3.18.2.jpg

 

(※ウイルスは、自己複製ができず代謝を宿主に依存するので、生物とは言い切れず、生物学では「生物と非生物の間に位置する」と考えられている)

「ウイルス」は遺伝子とたんぱく質の構造の粒子。「細菌」は細胞で細胞壁や細胞膜などの構造。細菌は細胞分裂で増えるがウイルスは単独では増えず人や動物の細胞を流用して増殖する。またウイルスは細菌とは大きさや仕組みが違うため、抗生剤や抗生物質は効かない。

 

【抗ウイルスのメカニズム】 

ウイルスの遺伝子を包む外側の殻を壊すことで無害化して、数や増殖を抑制する。抗ウイルス商材には「抗ウイルス剤」が表面塗料に含まれておりウイルスに作用。

(出展:アイカ工業株式会社)

2021.3.18.1-2.jpg

抗ウイルス剤は、まずウイルスの        外壁膜たんぱく室を破壊された

外壁膜のたんぱく質を破壊。          ウイルスはたんぱく質の合成を阻害

                       され、やがて核やウイルスが死滅

 

 

「抗ウイルス」たんぱく質の変性・合成阻害によって効果が表れている

のだそうだ!

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2021年05月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed