エントリー

七夕に思う

  • 2020/07/07 14:16

五節句の一つ「七夕」は江戸時代に庶民へ広がり、庭先に供物、竹を立て、短冊には書や裁縫の上達などの願いを書いたとのことです。

「五色の短冊~♪」と歌に短冊が出てきますが5色は「黒・白・赤・緑・黄」で陰陽五行説から来たようです。

竹を使うのは丈夫で不思議な力があるから。また葉の先が尖っているので魔よけとなると聞いたこともあります。

最近は住宅の一角にこいのぼりや七夕飾りがあるのを見ることも珍しく、端午の節句の頃、べランダに小さなこいのぼりが飾ってあるとほのぼのとしたりもします。

節句飾りが出来るのも、家族の営みがあり、それを囲む住まいがあってのこと。五節句それぞれに意味や由来があるので親世代から子世代へと永くながく伝承していきたいですね。

七夕の願い事も叶いますように。

IMG_1434.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed