エントリー

コロナで分かった我が家の「困った」をリフォームで解決!

  • 2020/09/18 17:01

コロナの感染予防を考えながら暮らす、新しい暮らし方。

ストレスばかりの生活を打破して、工夫や知恵またリフォームで、楽しく自分らしい生活を取り戻しましょう。どんな住まい方があるのかヒントを上げてみました!

20200918165126_00001.jpg

 

リフォームで抗菌・ウイルス対策

  • 2020/08/25 12:22

リフォームで一新したわが社の男子トイレを紹介します。

小便器・洗面台・床や壁の内装を改修しました。

新型コロナウイルス感染防止や省エネのヒントとなる設備機器や建材も使用していますのでその例を上げてみます。

○小便器はシンプルな形状で、超節水タイプ。1回の水の使用量は平均0.8Lでこれまでの半分くらいとなりました。水は次亜塩素酸を含む「きれい除菌水」が流れるので便器の清潔を保ち、匂いもこもりません。

IMG_0635.jpg

○洗面カウンターの蛇口は自動水栓で、操作レバーに触れずに手をかざすだけで水(お湯)が出るので細菌やウイルスの感染予防に役立っています。

IMG_0639.jpgIMG_0637.jpg

○飛びはねの汚れが気になる小便器・大便器の周りには表面がツルンとしていて拭き取りやすい建材(パネル)を張りました。汚れも奥へ染みていきませんし、汚れも拭き取りやすい素材が素材です。

○床はワックスのいらない丈夫なシート、壁はキズに強く表面に抗菌フィルム加工が施されている壁紙。こちらも汚れが落ちやすく手入れがし易い材料です。

 

抗菌やウイルス対策を考えた水廻りのリフォーム いかがですか?

ご来社の際もトイレの使い心地を試してみてくださいね。

最後の仕上げ 窓辺のカーテン・ブラインド

  • 2020/08/25 11:47

IMG_0587.jpg

写真は工事も完成に近づき、最後の仕上げとなるカーテンやブラインドの製作のため、窓の採寸取っているところです。

カーテンは、壁に対して案外面積を取りますのでその部屋の印象と合う柄や素材選びに頭を悩ませます。サイズもカーテンレールの形状や高さ、カーテンフックの付け方で微妙に丈が短く見えたり長くなったり苦労させられるものです。

 

ご相談があれば、ご提案や商品のご紹介をさせて頂きます。お気軽にお声かけください。

リフォーム始まりました!男子トイレ

  • 2020/07/23 10:22

当社の男子トイレの改修が始まりました。

今日は便器や手洗いカウンターの撤去、コンクリートの床をはつって(削って)排水管の位置決めなどをします。一番大変な日になりそうです。

リフォームは剥がしてみないと下地や裏側の様子が分かりません。今日も「あーこうなっているのか」というところがありそうです。職人さん大変ですがよろしくお願いします。

 IMG_0444.jpgIMG_0448.jpgIMG_0450.jpg

はずされて外に運ばれた2台の便器。今までありがとうございました。

 

リフォーム後の男子トイレは少し様子が変わります。快適に利用できることを願って。

みなさんもお楽しみに。

七夕に思う

  • 2020/07/07 14:16

五節句の一つ「七夕」は江戸時代に庶民へ広がり、庭先に供物、竹を立て、短冊には書や裁縫の上達などの願いを書いたとのことです。

「五色の短冊~♪」と歌に短冊が出てきますが5色は「黒・白・赤・緑・黄」で陰陽五行説から来たようです。

竹を使うのは丈夫で不思議な力があるから。また葉の先が尖っているので魔よけとなると聞いたこともあります。

最近は住宅の一角にこいのぼりや七夕飾りがあるのを見ることも珍しく、端午の節句の頃、べランダに小さなこいのぼりが飾ってあるとほのぼのとしたりもします。

節句飾りが出来るのも、家族の営みがあり、それを囲む住まいがあってのこと。五節句それぞれに意味や由来があるので親世代から子世代へと永くながく伝承していきたいですね。

七夕の願い事も叶いますように。

IMG_1434.jpg

個性やこだわりを楽しむ!作っていく!

  • 2020/06/30 12:24

在宅ワークをしていて感じるのが作業スペースと作業環境だ。

パソコンやインターネットの環境。書類、文房具類の置場が足りない。

また作業に集中できる場所、、、と仕事場を整えたいと感じ始める。

 

また自宅から、Web(インターネットで文字や画像、音声をやり取りするシステム)を使って会議やミーティング、勉強会のやりとりをするといった場面も増えている。

自宅からのWeb会議はなんだか気恥ずかしい。背景から暮らしの様子を見られているような気がするからだ。なので背景にカーテンを引いてみたり、飾り物の無い壁を背にして自分を映してみようかと考えるのだが、この際だから自分の個性やこだわりをカーテンや壁紙で表現するのもいいだろう。

写真は輸入壁紙を貼った一例。木版で刷られた味のある材料だ。

無難な柄を選びがちな壁紙も、部屋の一部や短時間しかいない場所では飽きも来ず自分の気持ちを弾ませる楽しい時間にもなる。

IMG_0147.jpg

 

家にいつも家族がいると家族ひとりひとりへの関わりも増え、普段より時間もかかり、やることも増える。

見える収納は家族もそこに何が置いてあるか認識しやすい。だから伝えれば自分のものの管理を協力をしてくれる。子どもが自分の場所、自分の物と自覚すれば大切に扱う。あれこれと指示はせずに本人の管理にまかるのもいいだろう。そこも楽しい場所になったらもっといい!

IMG_0149.jpg

 

 

 

キッチンガーデン 深呼吸できる居場所づくり 

  • 2020/06/19 10:19

自宅待機や外出自粛が続き、住まいの環境について考える方も多くなりました。

家族が集まる空間を快適にと思う事と同時に、ちょっと息抜き出来る空間もほしいと感じることもあるようです。

「 庭」に関心が高まっていて、植物や土に触れることはストレスの解消にもなります。

写真は花と野菜やハーブが混在したキッチンガーデン。「potagerポタジェ」と言ったりします。

IMG_0178.jpg

クリスマスローズなどの花と一諸に写っているのはイチゴ、葱、韮、行者ニンニク、アスパラ、ミツバ、ルバーブ、タイム。 狭くても案外種類が植えられるものです。

 

庭はシンボルツリーを植えるなどのテーマを決めたり、手に負えない範囲のものにならないように注意しながら作るのが良いようです。何よりも和みの空間にしたいものです。

外に目を向けると緑が見える庭、リビングにつながる庭。 これから迎える夏もべランダを通して抜けるさわやかな庭の空気、庭の香りを楽しみたいですね。

 TOWD110004_84.jpg

 

 

 

 

 

 

さぁ庭に出でガーデニングを楽しもう

  • 2020/05/15 16:14

外の気温も昼間は20度前後になってきました。

桜も咲き、若葉や花の芽も顔を出し始めています。最近、家に引きこもり気味だなと感じている方は庭に出で体を動かしてみませんか?

ガーデニングは手軽にホームセンターで花や野菜の苗を購入するのも良いのですが、種から育ててみると新しい発見もたくさんあります。時々「蒔いた種の芽が出ない」「途中で枯れてしまった」と嘆く声を聞きますが、種を「赤ちゃん」に置き換えると向き合い方が分かりやすいかも。

たとえば寒い外気にさらされていると種も死んでしまうし、土に深く埋めすぎたり、強く押さえつけられれば種は土から表へ出られないのです。「これ位なら上手に芽を出すかなー」と種の気持ちになって埋めてあげます。

水やりもそうです。上からシャワーのようにかけて「ホラやったよね」では駄目で、根からゴクゴクと水を摂りこめるようにちゃんと水分をあげてください。種や苗は赤ちゃんや子どもと同じなのだと思えば自然とそれへの扱いもそうなるようです。

IMG_0055.jpg

道具が無いと出来ないよ~!と思っている方はペットボトルはショベルや水やりに変身させて活用。透明なゴミ袋を切り開いてポットに被せ保温に。割り箸やアイスの棒も名札や固定ピン代わりの道具になります。何でも工夫してみるものですね。

 

家には庭がないからという方も

IMG_0030.JPG

写真のような、こんな幅15cmの道路の境界でも生き生きと元気に育っています。買い物で立ち寄るご近所の方も季節季節に咲く花を楽しんでいるそうですよ。

 

ベランダやウッドデッキでも、野菜のコンテナ栽培や花の寄植えができます!

TOWD110004_84.jpgIMG_0059.jpgIMG_0061.jpg

そうすればリビングの延長となって暮らしの空間が広がります。

外を眺めたり時々外に出ることも良いことですし、土に触れるとストレスも取れて心を穏やかにしてくれます。自分で作ったトマトやイチゴはもちろん美味しいです!

 

高校で園芸と農業経営を学んだ T からの提案でした!

 

 

桜 咲く! 春は必ずくる。

  • 2020/05/01 17:40

わが社のある(八軒10条西3丁目)新川通りの桜も咲き始め、新型コロナウイルスのストレスもあるのですが、咲きほこる桜のお蔭でホッコリさせられています。

ゴールデンウイークの過ごし方に悩む方もいらっしゃると思いますが、ご家族そして自分の周りの方を守ると言う気持ちで過ごすといいのでしょうか。

いつか必ず解決(終息)の日が来ます、解決の助っ人の一人となって私たちも日々を過ごしましょう。

 

 

IMG_0014.jpg

マスクをつくる、からの~自宅待機と暮しの工夫

  • 2020/04/23 15:09

各メーカーがマスクをつくり始めました。でもまだ店頭には「マスクの入荷はありません」の貼り紙がしてあります。

最近は手作りマスクを着けている人も増えていて、色々工夫して作っているようです。手芸店でもマスク用にハギレを売っていますが、ガーゼや白いコットン、耳に掛けるゴム紐が売り切れ状態でした。

聞いたところ知人はガーゼのハンカチをたたんでマスクにしているとか。ハンカチとしてまた使えるよう切らずに利用しているんだそうです。広げればすぐ乾くし手軽でとっても良いアイディアだと感心しました!

マスクを本格的に作りたいけれど、生地の大きさも分からないし型紙もほいしという方は使えなくなった市販のマスクを分解してこれを布で応用するとよいでしょう。ゴムも再利用。鼻の部分のワイヤーも使えばフィットします。縫う箇所は少ないので手縫いにして元のマスクの分解してみたり布を折りたたんでみたりお子さんと一緒に作るのはどうでしょう。自分が手がけた物は愛おしく大事に扱います。

IMG_0006.jpgIMG_6615.jpg340.jpg

 

裁縫道具(サシ、チャコ、針、マチ針、糸、ハサミ)やミシン、アイロン、アイロン台、霧吹き、そして生地などの材料を用意すると案外スペースが必要です。そういえば学校の家庭科や技術の時間も作業台にたくさん道具を出して物づくりに奮闘していました!

53df72e81739e66face0f44bbfc46ab89c3e5244.jpg53c96e70c3a73b461e25cc655d00a40b83970916.jpg

大きなカウンターと棚、カウンターの下に小引き出しなどの収納。それがリビングの一角や2階のホールにあるとどうでしょう。家事作業やパソコン、子どもたちの学習、工作机になります。また寝室の隅にあると在宅ワークも進むかもしれませんね。

いかがでしょう。

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed