金滴酒蔵・金滴(新十津川)

 新十津川は大水害に襲われた大和・十津川村の住民2,300人が、1989年(明治23年)に入植し、切り開いた土地です。厳しい自然の中での開拓を始めた村民たちは、暮らしが安定するまで「10年間は酒を飲まない」ことを誓ったということです。そして、入植から16年を経て、収穫も安定し暮らしも落ち着いてきたことから、実った米から酒造りをはじめようということになり、1906年(明治39年)に地元資本で酒造業者が誕生しました。それが金滴酒蔵のルーツです。
 『金滴』の商標は、1918年(大正7年)から。長い歴史と数々の受賞歴を持つお酒です。
 工場の入り口には売店があり、お酒のほか酒粕を使用したお菓子なども販売されています。また、季節により工場見学も可能です。
 工場は滝川との境の徳富川のほとり。新十津川駅まで到着する札沼線は1日1本しかないので、アクセスは滝川からバスかクルマになります。
 取材者個人の感想では、金滴は少し甘めで、昔風の日本酒の感じがします。

(2016年11月取材)


gallery


ー 商品と価格 ー

金滴彗星 特別純米酒 720ml
¥1,600
金滴彗星 特別純米酒 1,800ml
¥3,100
金滴 大吟醸酒 1800ml
¥6,172
金滴 大吟醸酒 720ml
¥3,087
金滴 純米大吟醸酒 1800ml
¥5,658
金滴 純米大吟醸酒 720ml
¥2,880
金滴 純米吟醸 1800ml
¥3,143
金滴 純金入 1800ml
¥2,700
本醸造 金冠金滴 900ml
¥986
本醸造 金冠金滴 360ml
¥454
本醸造 金冠金滴 180ml
¥227


ー 金滴酒蔵株式会社 ー
所在地
北海道樺戸郡新十津川町字中央71-7
電話番号
0125-76-2341
定休日/
営業時間
土日・祝日不定休(基本的に土日・祝日)
※売店については、平日(8:30~17:30)、土日・祝祭日(10:00~16:00)の間営業しています。
※正月三が日については、売店は定休日となります。
備考
入場無料
アクセス
滝川ハスターミナルからバス浦臼駅行きで8分。「橋本町」バス停から1分