日本清酒・千歳鶴(札幌)

 「創業明治5年。札幌の地酒」という日本清酒。主要銘柄の『千歳鶴』は年配者であれば、北海道人だけでなく、全国の多くの人が知っているお酒。なぜなら、昭和の頃、淡島千景、朝丘雪路、新球三千代、沢田雅美、鮎川いずみ等々人気女優を起用したコマーシャルを展開し、店頭ポスター、新聞広告などを積極的に行っていたからです。
 1872年(明治5年)に柴田與次右衛門が創業した柴田酒造店がルーツ。明治中期に同店を中心に札幌の6つの酒造店が合併し、現在に至っています。
 2002年(平成14年)に「千歳鶴 酒ミュージアム」(札幌市中央区南3条東5丁目2)を竣工。「酒づくり文化発信」を目的に、実際に使われていた仕込み桶などを展示。酒造工程紹介の映像なども流れています。
 ミュージアムでは『千歳鶴』や同社の『余市ワイン』『寿みそ』など全商品と、北海道ならではの酒のつまみが多数販売されています。試飲コーナーもありますが、併設の喫茶ではコーヒーとアイスクリームだけというのが、ちょっと残念。
 取材者個人の感想では、千歳鶴は日本酒度+4。比較的すっきりとした味わいです。

(2016年11月取材)

gallery


ー 千歳鶴酒ミュージアム ー
所在地
札幌市中央区南3条東5丁目1番地
電話番号
011-221-7570
営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
年末年始
備考
入場無料
アクセス
地下鉄東西線「バスセンター前」駅9番出口より徒歩5分
駐車場
乗用車20台 千歳鶴酒ミュージアム・アネックスをご利用のお客様の駐車料金は30分間無料。 1,000円以上お買い物すれば60分間まで無料