小野寺燃料

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.26
「健康さっぽろ21(第二次)」【13】

このコーナーは札幌市保健所など行政、市民が連携して取り組む健康づくりのための支援事業をご紹介します。

【情報提供】札幌市保健所

マップ片手に札幌をぐるり
ウォーキングを始めませんか?

生涯にわたる健康の実現のためには、若い年代から運動習慣を身につけることが大切です。札幌市は、健康づくり基本計画「健康さっぽろ21(第二次)」を平成26年より開始しており、その計画の一環として、誰でも気軽に取り組めるウォーキングを推進しています。

札幌の街や自然、風情を楽しみながら歩こう

 SGW(札幌ぐるりウォーキング)マップ

碁盤の目状の札幌都心部を約400mで1ぐるり。普通歩行だと6分で歩ける距離です。ぐるりコースは、時計台、チ・カ・ホ、大通公園、狸小路の4つ。10ぐるりで理想とされる1日60分ウォーキングが達成できます。

 駅から始める健康づくり  Sapporoぐるりウォーキングマップ

地下鉄南北線「北18条」または「北12条」駅、東豊線「福住」駅、市電「中央図書館前」停留場から始まるコースを掲載しています。駅から降りた街の見どころをぐるりと巡りながら、楽しく健康づくりができるマップです。

ウォーキングとは

長時間継続して歩くことで有酸素性運動ができる手軽な運動がウォーキングです。 有酸素性運動は継続時間が長くなるほど脂肪をエネルギーとして利用する比率が高まるので、体脂肪の減少による肥満解消や血中の中性脂肪の減少、血圧や血糖値の改善に効果があります。さらに、運動することによる心肺機能の改善や骨粗鬆症の予防などの効果も見込まれます。
ジョギングと異なり、常に足が地面についていますので、膝や腰の疾患を抱えている方でも傷害のリスクが少なく、精神面でも開始時のハードルが低い運動として人気があります。




>>「健康さっぽろ21」過去の記事一覧へ

>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ