小野寺燃料

札幌の住まいと暮らしの情報誌「Sun Clover」vol.29

~ご 挨 拶~

 平成も30年経ちました。改めて、月日の経つ早さを感じます。皆様はいかがでしょうか。
 1972年に創業した当社も、創業から46年目、法人化からも36年目を迎えています。これも地域の皆様のご愛顧の賜物と深く感謝申し上げる次第です。
 札幌での創業以前、当社の発祥は、北見枝幸の燃料商でした。戦時下の統制経済により石炭の専売所となり、戦後、私の父の代で、石炭のほか石油製品なども取り扱うようになりました。昭和40年代に入り、「これからの家庭用エネルギー」と言われたLPガスの取り扱いも始めます。
 私は中学時代から札幌で暮らしていましたが、当時の札幌は石炭暖房が主体で、冬の街は煙だらけでした。その後、ガスや灯油の時代となりますが、創業早々にオイルショックが発生するなど、様々なことがありました。
 創業以来あっという間に40数年が経ちましたが、その間、セントラルヒーティング、ロードヒーティング、電気エアコンの普及などなど、札幌のエネルギー利用は大きく変わりました。そしてこれからも変化し続けると思います。
 札幌で暮らす皆様のより快適な暮らしを実現するために、これからも住まいとエネルギーの分野で努力してまいります。引き続きのご愛顧をお願い申し上げます。

小野寺燃料株式会社
代表取締役 小野寺 昌顕

>> 過去のご挨拶一覧へ

>> Sun Clover トップページへ

▲ページトップへ