小野寺燃料

リクルート 〜夢と可能性はどこにも負けない〜

私たちの会社、小野寺燃料は灯油とガスが商品です。北海道の暮らしには四季を通して欠くことのできない、必需品ともいえる生活密着型の事業を展開していますが、それだけに顧客とのコミュニケーションや細やかなサービスの質を問われる業界でもあります。 創業以来、私たちは「お客様に次からつぎに喜んで戴いて、お客様の輪を広げ続ける。」を企業コンセプトに、いかにして顧客に喜んでもらえるかを考え続けてきました。そのひとつが「価格」です。独自の効率的な配送システムによるコストダウンでお客様に喜んで戴きます。次に「サービス」です。お客様全てのデータをもとに安定供給と積極的な暮らしの快適提案を計ります。多くの同業他社のように、注文があって始めて動く「待ちの商売」ではお客様が満足するはずがありません。私たちの会社が持つ、機動性を最大限に活かした「攻めの戦略」こそがお客様の輪を広げる大きな可能性なのです。

  • 徹底現場主義
  • 当社は現在、10,000戸の顧客を持っています。これは道内でも十指に入る数で、もちろん同規模の企業中ではトップクラスです。 これらのお客様の信頼に応え続けて行くことが、次のステップへの基盤です。そのために、私たちは今、組織の大きな改革に着手しています。会社の三つの柱であるサービス部門の強化、営業部門の拡大、そして管理部門の充実です。 その改革を前提にした目標値は30,000戸。新しい組織、新しい人材が可能にする私たちの未来です。
  • 徹底現場主義
  • 企業を支えるのは人だと思います。組織ですから、それぞれの立場や肩書きもあります。トップダウンが必要な場合もありますが、一番大切にしたいのは現場の声です。お客様に直に接して得る情報や反応など、現場の声を経営に反映していくことが必要なのです。そのために、マーケティングやセールスといった知識・経験を持って、若い人材をリードして行くポジションが今、私たちが求めるものなのです。 繰り返しますが、私たちの会社には大きな可能性があります。それはあなたの可能性でもあります。