記事一覧

キャベツのスパイス炒め

ファイル 161-1.jpg


これはベンガル地方のレシピを元にしています。一般的なインド料理に比べてスパイスが軽やかで普段のお惣菜にもぴったり。水分をよく飛ばすのでお弁当に入れても。

材料
キャベツ…1個
玉ねぎ…1/2個
ターメリック…小さじ1と1/2
クミン…少々
ベイリーフ…2枚
鷹の爪…2個
サラダ油…大さじ2
塩…小さじ1

❶キャベツは芯をのぞき、千切りにする。玉ねぎは薄切りにする。
❷ フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを少し色づくまで炒める。
  鷹の爪・クミン(他のスパイス類があればそれも)、ベイリーフと塩を入れさらに炒める。
❸ ターメリックとキャベツを❷に加えてよく混ぜ、ふたをしてしんなりするまで熱する。
❹ ふたを取り、水分がなくなるまでよく炒める。

---
ベンガル料理によく使われるパンチフォロンというミックススパイスを使うとより本格的。5つのスパイスという意味でフェヌグリーク・ニゲラ・クミン・マスタード・フェンネルが粒のままミックスされています。ただ手に入れにくいので、その中からあるものだけ使っても美味しくできます。今回はクミンを使いましたが他のスパイスでも。

パセリとブルグルのサラダ

ファイル 153-1.png
ブルグルは地中海地方や中東でよく食べられている挽き割り小麦から作られる穀物です。サラダ以外にもチャーハンのように炒めたり、スープに入れたりしても美味しいです。

材料(4人分)
ブルグル…1/2カップ
お湯…150cc
パセリ…30g
玉ねぎ…1/4個
きゅうり…1/2本
トマト…1/2個
レモンの絞り汁…大さじ2
オリーブオイル…大さじ2
塩・こしょう…少々

ブルグルは米やパスタに比べ食物繊維が豊富でカリウム、鉄分、ビタミンB群などの栄養素も多く含まれています。また血糖値が上昇するスピードが穏やかな低GI値食品です。調理時間も短く、忙しい朝にもぴったり。
輸入食材店で手に入ります。

【1】ブルグルとお湯を鍋に入れ、5分ほど煮る。蓋をして10分ほど蒸らす。パセリと玉ねぎはみじん切りに。きゅうりは5〜10mmの角切り、トマトは種を取り、10mmくらいの角切りにする。

【2】 【1】の材料をボウルに入れ、レモンの絞り汁、オリーブオイル、塩・こしょうで味付けをする。

※ブルグルの代わりにクスクスや、固めに炊いたご飯を使っても美味しくできます。

パプリカマリネ

ファイル 151-1.jpg
焼きなすの要領で作るパプリカマリネ。ワインにも合うお
しゃれなオードブルになります。冷蔵庫で1週間ほど保存
できますから、前もって作っておいて、おもてなしにも!

<材料>
パプリカ(お好きな色を)…3個
オリーブオイル…大さじ4
お酢…大さじ2
塩…小さじ1/2
砂糖…小さじ1/2

【1】パプリカを魚焼きグリルか、コンロに焼き網を乗せて全体の皮が
黒くこげるまで、まんべんなく焼く。
ファイル 151-2.jpg
【2】 少し冷めてから、【1】の薄皮を剥き、へたをくり抜いて、中の焼き
汁と種を取り出す。網などで種を漉して、焼き汁を取っておく。
【3】 果肉は1~2cm 幅の細切りにする。
【4】 残りの材料と【2】の焼き汁を混ぜ合わせ、【3】を漬けて冷蔵庫で
1時間以上冷やす。

ページ移動