小野寺燃料

おおらかな住まい~将来を見据えた設計のヒント~
札幌市中央区:髙橋巧建築設計工房


 小野寺燃料/サンクローバーハウスには心強い、住まいづくりのパートナーがいます。今回ご紹介するのは、(株)髙橋巧建築設計工房の髙橋巧先生。主に小野寺燃料/サンクローバーハウスの新築や賃貸集合住宅の設計をしてくださっています。
 大学で建築を学び、インテリア・注文家具の商社や設計事務所を経て、30歳で独立。今年創業20年を迎えられました。「仕事は人の縁で繋がっています。売り物は建築ではなくて“自分”なんです。」と髙橋先生。「何年か振りにお客様宅に伺うと、私が設計した住まいを本当に大切にして下さっているのが分かります。そんな時、この仕事の喜びを感じます!」
 気さくで温か、そして熱い人柄が建築にも表現されるからか、髙橋先生の設計はお客様だけではなく、社内でも「さすが!」と好評です。その設計のポイントを教えていただきました。



おおらかな設計が、将来に生きる。

 「小さい時に感じた“天井が高い家っていいなあ”といった原風景が未だに強く残っていますね。」
 と髙橋先生。広く、ゆったりとした住まいは、住まう人の多くが憧れるもの。「10年後、20年後、そして30年後を見ながら設計しています。キッチンなどの設備は変えられるけど、天井の高さや部屋の広さはなかなか変えられないんですよ。だから、おおらかに設計したいんです。」という髙橋先生の言葉に納得。髙橋先生の設計が多くの人に喜ばれる理由は、ここにありそうです。



賃貸集合住宅の設計で大切なこと。

 賃貸集合住宅の設計では「いかに空室率を低くするか」がオーナー様からも求められます。髙橋先生が得意とする“おおらかな設計”は特にLDKに表現されています。「新築で入居率が高いのは当たり前、でも30年後はどうか。賃貸経営は商売です。その時にポイントになるのが“広さ”なのです。」暮らしの中心であるLDKの広さや、広めの収納など、髙橋先生が設計する間取りには“賃貸だけど居心地がよさそう!”という言葉がぴったりの“おおらかさ”があります。



じっくり話せる     
住まいづくりを目指して。

 「建築業界全体に言えることですが、住まいづくりの話が始まってから実際に住むまでの時間が短いですよね。本当はもっとじっくり時間をかけて良いはずです。住まいは一生の買い物ですから。」と髙橋先生。小野寺燃料/サンクローバーハウスのパートナーとして、そして指南役としてもとても頼れる存在です。

 皆様の住まいへの夢も是非、私たちにお聞かせください!