小野寺燃料

住まいの印象は外観が決め手
美しさがよみがえる外壁リフォーム


 小野寺燃料(株)の住宅部門、サンクローバーハウスがこれまで携わってきた、数多くのリフォーム。お客様それぞれの暮らし方が生まれています。今回は主に外まわりをリフォームされたお客様にお話を伺いました。



外まわりリフォームも、新築も、エネルギーも。
これからも、住まいに関することは
オール小野寺で!
様邸 札幌市西区

省エネ実現 N様邸リフォーム

施工箇所:外壁張り替え、風除室設置
北海道の気候に適した構造の外壁材を採用。雨や雪に強く、凍害の影響も受けにくくなります。
  ●築年数…25年
  ●家族構成…2人
  ●工期…20日間
  ●金額…430万円


玄関脇の坪庭
季節ごとに表情を変える花々はN様ご夫妻の楽しみの一つです。お付き合いの広いご夫妻のおもてなしの心が伝わってきます。
 「そろそろリフォームしないとな……と思ってたんです」とN様。当時築22年の住まいの外壁はサイディングのコーキングが劣化し、雨漏りもあったとか。ご近所の小野寺燃料/サンクローバーハウスのモデルハウスへお越しくださったことがきっかけで始まった、N様とのお付き合い。お嬢様宅の新築に続き、ご自宅の外まわりリフォームのご相談をいただきました。
 「『どんな小さなことでも言ってくださいね』と担当の木村さんが言うように、小野寺さんは、まめにすぐに動いてくれるんですよ」とお褒めいただきました。
 今回設置した風除室には「玄関が寒くないね!」と遊びにこられたお孫さんも喜んでおられるそう。住まいの断熱性を高めることが、エネルギーの節約に繋がります。実際に灯油の使用料は減っているとか。住まいづくりとエネルギーの問題を一緒に解決できることは、小野寺燃料/サンクローバーハウスの得意分野です。
 さらに「外壁は家を守るもの。どうせやるなら、今一番いいものを! と思いました」と言われるように、通常ワンポイントで使用するようなデザイン性が高いサイディングを、外壁全面にふんだんに。風合いが印象的な、新しい住まいに生まれ変わりました。
 地域のためのお仕事も多く引き受けられ、日々忙しく過ごされているN様。今では住まいづくりやエネルギーに留まらず、所有する集合住宅の管理もお任せいただけるようになり、そのお付き合いが広がっています。「これからもよろしくお願いしますね!」というお言葉に、気持ちが引き締まります。


【上】リフォームしたら『前よりよくなったよ!』とご近所にも評判です」とお喜びのN様(左)とサンクローバーハウスの木村。
【右】サイディングの風合いが印象的な外壁。 商品:アイジー工業「ガルフィーユⅰ/モード3/ヒカリス」