小野寺燃料

健康と住まいの長持ちのために 「結露対策」をしよう


暖房シーズンとなれば、多くの住宅で「結露」が生じます。「仕方がない」とあきらめていると、重大な健康被害や建物の損耗を早めることになりかねません。結露しやすい建物は防止対策を早めにしっかり行って、、改善するようお勧めします。



結露はなぜ起きるのか

内外の温度差によって水蒸気が水滴になる

 空気は温度によって含まれる水蒸気の量が違い、暖かい空気ほど多くの水蒸気を含むことができます。この量を「飽和水蒸気量」といい、水蒸気をいっぱいに含んだ暖かい空気が冷やされて飽和水蒸気量を超えると、余分な水蒸気が水(水滴)に変わります。これが結露の発生するしくみです。
 一般的に温度が低いと結露しやすくなりますが、水蒸気の量が少なければ結露は起こりません。逆にサウナのように、温度が高くても限界量を超えた水蒸気があると、結露は大量に発生します。
 結露は発生する場所によって、「表面結露」と「内部結露」の2つの種類に分けられます。表面結露は壁や天井の表面で発生する結露で、水蒸気を含んだ暖かい空気が、温度の低い建材に触れることで起こります。「内部結露」は室内の暖かい空気が壁(断熱材)の内部に侵入し、そこで冷えて飽和水蒸気量を超えたときに発生します。



結露による健康被害

結露によって生じるカビ・ダニが問題
 表面結露はカビの発生原因にもなります。カビが好む温度は25~35℃、湿度は75%以上です。かつては高温・多湿な時期に発生するとされてきましたが、現在の住宅内は年間をとおしてカビが発生する条件が整っています。さらに、カビは有機化合物でできた建材(塗料・ビニールクロス・合成皮革など)も栄養源としますので、猛烈に繁殖するわけです。
 カビが増えると、それを餌とするダニが増えます。そして、カビの胞子やダニの死骸やフンが、ぜんそくやアレルギーの原因であるアレルゲンとなり、人体に悪影響を及ぼします。結露は、放置すれば住む人に重大な健康被害を与えかねないのです。


結露による建物の損耗

内外の温度差によって水蒸気が水滴になる


 結露は建物にもダメージを与えます。表面結露のカビは、建物内部を汚します。この汚れはなかなか落ちません。
 壁の内部で生じる内部結露は、一過性のものであれば結露しても乾くため、発生量が少なければ問題とはなりません。しかし、長引くと、柱や土台を腐らせ、建物の寿命が短くなります。また、柱や土台が傷めば建物の強度が失われるので、耐震面でも問題です。
 マンションなどの定期修繕では、内部結露の点検と改善も大切です。内部結露の状況は外観からは確認しづらいので、特殊な機器で行うこともあります。


日常の結露対策

換気・通気を習慣づけることが第一
 結露の原因は「温度差」。温度差をなくすことが結露をなくすことになるのは言うまでもありません。でも、それはなかなか難しいことです。そもそも、人が生活していれば、熱も水蒸気も発生しますから、結露をゼロにすることは困難です。このため、結露対策は、発生を極力少なくし、悪影響を減らすことにあります。
 そのための日常の対策は、換気ということになります。道内の住宅の場合、強制給排気が一般的ですが、屋内で水蒸気が発生しやすい台所、お風呂などは通気を心がけましょう。
 せっかく暖まった部屋の窓を開けるのは勇気がいりますし、通気してもすぐにまた結露することもあります。気になる部屋には、除湿を徹底するために、除湿器の取り付けも検討しましょう。そして、結露を見つけたら小まめにふき取ることが大切です。  発生した結露を取り除くための道具としては、結露取りワイパー、結露吸水テープなどがあります。


結露の改善策は?

内外の温度差によって水蒸気が水滴になる
 結露対策のツールには、「除湿系」「断熱系」「結露除去系」の商品があります。除湿系には除湿剤と除湿器の設置がありますが、除湿剤は使い捨てなので不経済です。除湿器を利用する場合は、多少高くても高性能なタイプをお勧めします。  結露防止スプレーは、窓に被膜をつくることで、水滴が大きくなるのを抑えて、再蒸発を促進させます。そのことで断熱効果を生みだし、結露防止するというものです。また、低コストのものとしては窓ガラスに貼る結露防止シート、吹きかける結露防止スプレーがあります。
 コストはかかりますが、窓際に設置して窓際を暖めて、室温との温度差を少なくする結露防止ヒーターの設置も効果が期待できます。
 しかし、結露問題を抜本的に解決するためには、やはり本格的な〝断熱リフォーム〟が必要になります。壁や床の内と外、窓や玄関など開口部について、それぞれ最適な断熱施工を施すことで、住まいの寿命を延ばし、住む人の健康維持に貢献する住宅へと変えることができるのです。内窓の設置もその一つです。




24時間 換気システム


住宅の高気密化で換気が必須となった

 住宅の高気密化により、建材から出る化学成分が人体に悪影響を与えるシックハウスなどの問題が顕在化しました。そこで、マンションなどでは24時間常時換気を自動で行うシステムの導入が行われるようになりました。
 さらに建築基準法も改正され、2003年(平成15年)からは一般戸建て住宅なども、新築時には24時間換気システムの設置が義務化されました。
 ただし、24時間換気システムはシックハウス対策が主目的ですので、建材類が基準を満たすものを使用している場合等は、自然換気でも可とされています。



24時間換気システムで強制給排気

 建築基準法の換気の規定では、「居室の容積の半分の空気」が1時間単位で入れ替わることが条件となっています。この条件を満たすために、最近10年の間に建築された住宅は、建物内の給気、排気のいずれか、または両方が強制的にされる自動運転の設備が取り付けられています。


新築住宅の結露は欠陥建築の可能性

 24時間換気システムは自動運転ですから、当然、電力を消費します。電気を節約するために運転を止めれば、換気の役目を果たさなくなります。故障や機器の設置方法、住まいの気密性そのものに問題があれば、結露の大量発生などのトラブルを生じます。
 新築住宅なのに結露が異常に多いと感じられるときは、換気システムの設備や住宅そのものの点検を依頼しましょう。
 建物の主な構造材の瑕疵(欠陥)については、10年以内であれば施工者の責任で補修する義務が「住宅の品質確保促進法」で定められています。これには結露を原因とする瑕疵も含まれますので、改善を求めることができます。


既築住宅への24時間換気システムの設置

 既築住宅に24時間換気システムを後付けすることも可能です。ただし、屋内の大がかりな工事を伴いますので、部屋別に個別の換気装置を取り付けるよりもコストがかかります。また、建物自体が高気密でない場合、設置しても効果を発揮しないこともあります。
 既築住宅の換気設備は、24時間換気システムを取り付けるべきか、部屋別に個別の換気装置を取り付けるべきか、慎重に検討すべきでしょう。住宅と一体で長く使用するものですから、業者選びも大切です。